FC2ブログ
10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

芝田一

公明党
堺市議会委員

芝田 一
しばた はじめ

―主な活動―

■市民相談
・2016.06.01時点 8000件を越える
・2014.06.06時点 6300件を越える
・2014.01.07時点 6000件を越える
・2013.05.31時点 5450件を越える
・2012.08.01時点 5000件を越える
・2011.06.30時点 4200件を越える
・2010.07.20時点 3800件を越える
・2009.11.17時点 3400件を越える
・2009.02.01時点 3000件を越える
・2008.08.01時点 2800件を越える
■党役職
・府本部 議会局長代理
・堺北支部 副支部長
■常任委員会
・産業環境委員会(委員長)
■特別委員会
・歴史文化魅力発信調査特別委員会
・100条委員会
■その他
・堺市環境審議会委員
・堺市住宅まちづくり審議会委員
・泉州水防事務組合議会議員
・堺市保健所運営協議会委員
・関西大学校友会 代議員
・関西大学校友会堺支部 理事
・NPO法人 顧問

月別記事一覧

スポンサーサイト

投稿者 : 芝田 はじめ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「そもそも『事業仕分け』って何?」Vol.540

投稿者 : 芝田 はじめ

天候 

そもそも「事業仕分け」って何?
今国のほうでは事業仕分けの第2ラウンド実施と、テレビ、新聞で大々的に取り上げられています。

現在、国や地方自治体が行っている行政サービスの必要性や実施主体(国、県、市など)について、外部(市民・有識者等)の意見を交えて事業項目ごとに議論し、「不要」・「民間」・「市町村」・「都道府県」・「国」と分けていく作業。

今月初めに静岡県「事業仕分け」(第2日目)に傍聴参加。(静岡県庁)
第1会場の教育関係の4事業と第2会場の産業部の1事業に参加。
国の規模と違い、正面2名のうち1人は、コーディーネーター。
左右に仕分け人(市民、有識者)3名ずつ、向こう正面は、行政3名
その後ろに数人の行政アシスタント。

1、最初に、行政職員から5分~10分ぐらい事業説明。
2、そのあと仕分け人から随時質問。コーディーネーターが進行役。
3、約20分の経過で、不要、民間、国・広域、市町村、静岡県から民間へ委託、 静岡県(要改善)、     現行通り、を挙手で採決。

この事業仕分けは、我が党が数年前より「構想日本」等が中心になって進めてきた作業を評価、取り入れを推進してきたものであります。
留意することは、事業仕分けはあくまでも目的でなく、手段であることを確認した上実施することがとても重要であり、決してパフォーマンスにはしってはいけないのは当然のことであります。


事業仕分け
スポンサーサイト

| ホーム |



ページトップへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。